活動報告:10月「南三陸おらほの酒づくりプロジェクト」

2014年4月から「南三陸おらほの酒づくりプロジェクト」がスタートしました。

 

「南三陸おらほの酒づくりプロジェクト」は自分達で手をかけてつくったお米で、お酒をつくる。そのお酒を手をかけた人たちで交流して堪能する活動です。

 

10月はついに迎えた稲刈り。荒れ地となっていた休耕田の開拓からスタートし7ヶ月。一時は病気や天候による被害も出ましたが、なんとかこの日を迎えることが出来ました。

子どもたちの体験学習の「わらすこ探検隊」とのコラボレーションも含め、2日間で約2反歩を全て手刈りしました。

 

これから先月設置した「稲架」で乾燥時期に入り、脱穀後、玄米にします。

お酒までもう少し。楽しみです。

【主な活動風景】

10月11日 わらすこ探検隊「稲刈り」

この日は地元小学生の体験学習「南三陸わらすこ探検隊」の子たちが来てくれて、稲刈りや稲架かけなど、田んぼをフィールドにふるさとの事を学んで行きましたよ。

稲刈りは初めての子ども達が大半で、鎌の使い方から指導を初めて、いざ刈り取り開始☆

太く育った稲わらを刈り取るのはとても大変らしく、はじめは上手くいかなっかた子どもたちですが、時間が過ぎるにつれてコツを掴んだのか、最後は大人顔負けの刈り取りスピードになっている子どももいました。

普段何気なく食べているご飯も、こうした苦労を経ていると知ってもらえれば、残さず食べてくれるかな♪

10月12日 イベント⑦「稲刈り」

田植えに並ぶビッグイベント。そう、「稲刈り」です。

病気に掛かった時は全滅も脳裏に浮かびましたが、なんとか天候に助けられて、被害も最小限で抑えられました。

今回は大正大学の大学生もお手伝いに来ていただき、総勢30名を越える方々に参加して頂きました。

お昼には芋煮の炊き出しを行い交流(残念ながら写真は無し)

自分たちが刈り取り作業をした田んぼを眺めらがらのご飯は箸も進み、用意していたご飯も見事完食しました。

刈り取りの終わった田んぼを見ると、達成感と共に何となく寂しい気持ちがこみ上げてきました。

10月17日 藁(ワラ)切り・角刈り

この日はアムウェイさんが歌津地区の田んぼ来てくれました。

こちらの田んぼは、山から吹き下ろされる風と雨、2度の台風に稲が倒されてしまいました。

倒れたままだと稲穂が腐ってしまうとの事で、事前に稲同士をワラで括り自立させ、乾燥させていました。

今回の作業は括っているワラを外す(切る)作業と、こちらの田んぼはコンバインによる刈り取りを予定しているので、各田んぼの角をコンバインが乗り入れ出来るように刈り取って頂きました。

集合写真での皆さんの笑顔が、とても清々しいものです☆

10月29日 等級検査

この日は歌津地区で育てた稲たちの等級検査を行いました。

ここでの等級が3等級に満たないと、これから作るお酒に「純米酒」と表記出来ません!

 

結果は……見事に3等級以上の品質となりました☆

 

こちらを来月、酒蔵さんにお渡しする予定です。

Twitterボタン Clip to Evernote



南三陸町復興推進ネットワーク(373NET)

会員の皆様へ

 一般社団法人南三陸町復興推進ネットワークは、残余財産の帰属を南三陸町とする、復興プロジェクトを運営・サポートする団体です。

 

 震災直後から現地で活動してきた南三陸町出身の若手によって設立されました。

 

 今年度は「若手世代のコミュニティ再生への貢献」「教育を通じた”まちづくり”への貢献」「新規事業の研究・開発」に関する事業を行います。

 

 

 会員の皆様には入会時にパスワードをお送りしております。下記ボタンをクリックし、パスワードを入力すると会員ページをご覧いただけます。

会員ページはこちら

会員ページのご案内

 多くの方に活動の一翼を担っていただけますよう参画をお願い申し上げます。

 会員ページのサンプルはこちらからご覧いただけます。

>>会員ページ

Facebookページ

 更新情報を皆さんのFacebookウオールに発信しています!

 購読いただける方は下記の「いいね!」をお願いします!

【373NET】FBページ

【おらほの酒づくり】FBページ

おらほの酒づくりPJの情報だけ購読されたい方はこちらを「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

【わらすこ探検隊】FBページ

 町内児童向け体験学習の情報だけ購読されたい方はこちらに「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

Twitter 最新のツイート