【わらすこ】南三陸わらすこ探検隊8月活動内容

8月の南三陸わらすこ探検隊は、星空観察、そばの種まきを行いました。

 

「キャンプ場で流れ星を見よう」

 

ペルセウス座流星群を目前に控えた8月9日に、神割崎のキャンプ場で星空の観察を行いました。

開始時間よりも早く出てきた一番星を、早く来ていた子どもたちが見つけ早速大興奮。今回の活動場所へ移動したらまずは星についてのお話を聞きました。この時期はどんな星が見られるのか。どこにどんな星があるのか。お話の後はみんなで空を見上げて流れ星を待ったり、スコープを覗いて月や星を見たりしました。「あ!流れ星!」と誰かが声をあげると続けて「流れ星みえた!」という声と「見逃したー!」という声があちこちから上がりました。

最後は駐車場へ向かいながら暗いところで立ち止まり、空を見上げてみると天の川を見ることができました。

キャンプ場以外でも星がたくさん見える場所はありますので、家の周りでも星が見られる場所を探していただければ嬉しいですね。

 

 

「わらすこ畑をつくろう①」

昨年のそば打ち講座の際に「そばってどうやってなってるの?」という質問があったため、そばを育ててみよう!ということで 草っ原状態の土地をスタッフなどで一から耕し、わらすこ探検隊のために畑を用意しました。

今回はそばの種を蒔くほか、大根と人参の種を蒔くために畝作りをしました。子どもたちは重たい鍬を一生懸命使って交代で土を耕しました。畝を立てたら竹を押し付けて溝を作り、そこにみんなで種を蒔きました。

そしてついにそばの種まき。まずはそばの種を手にとって形を見てみます。ちょっと変わった形に子どもたちも興味津々。さらに茶色い殻を取ってみると中は真っ白で、子どもたちの思っているそばの色とは違うことも不思議に感じていました。

これから数回に分けて畑のお世話をしていきます。成長が楽しみです。

開催報告:南三陸わらすこ探検隊Vol.71

 

テーマ:「キャンプ場で流れ星を見よう」〜見上げてみよう夏の夜空〜

期日:8/9(火)

先生:山崎浩子さん

場所:南三陸戸倉 神割崎キャンプ場

内容:星空観察

開催報告:南三陸わらすこ探検隊Vol.72

テーマ:「わらすこ畑をつくろう」〜畑づくりとそばの種まき〜

期日:8/28(日)

先生:南三陸町のみなさん

場所:南三陸町志津川 わらすこ畑 

内容:そばの種まき

Twitterボタン Clip to Evernote



南三陸町復興推進ネットワーク(373NET)

会員の皆様へ

 一般社団法人南三陸町復興推進ネットワークは、残余財産の帰属を南三陸町とする、復興プロジェクトを運営・サポートする団体です。

 

 震災直後から現地で活動してきた南三陸町出身の若手によって設立されました。

 

 今年度は「若手世代のコミュニティ再生への貢献」「教育を通じた”まちづくり”への貢献」「新規事業の研究・開発」に関する事業を行います。

 

 

 会員の皆様には入会時にパスワードをお送りしております。下記ボタンをクリックし、パスワードを入力すると会員ページをご覧いただけます。

会員ページはこちら

会員ページのご案内

 多くの方に活動の一翼を担っていただけますよう参画をお願い申し上げます。

 会員ページのサンプルはこちらからご覧いただけます。

>>会員ページ

Facebookページ

 更新情報を皆さんのFacebookウオールに発信しています!

 購読いただける方は下記の「いいね!」をお願いします!

【373NET】FBページ

【おらほの酒づくり】FBページ

おらほの酒づくりPJの情報だけ購読されたい方はこちらを「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

【わらすこ探検隊】FBページ

 町内児童向け体験学習の情報だけ購読されたい方はこちらに「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

Twitter 最新のツイート