2017年9月のわらすこ探検隊!①

2017/9/16「絹のふるさとへ」

 

夏休み明けの第一弾!

 

常日頃は自然の中での体験が多いわらすこ探検隊ですが、子どもたちには町の歴史や文化も知ってほしいなと思っています。今回は「絹」をテーマに様々な角度からアプローチしてみました。

 

学ぶことは3つ。

 ①蚕のこと②絹のこと③人のこと

 

会場のひころの里シルク館には、たくさんの展示物がありました。ただ、なかなか子どもたちには難しいと思い、まずは体験室内で簡単にレクチャー。蚕って、どんな生き物?絹はいつどこで生まれたの?山内甚之丞さんことは知ってますか?などなど。少し難しかったかな?(でもシルクロードとか、中学校に行ったら習うんだよ?)

 

 

その後は地域の皆さんの案内で展示室へ。案内してくれた方は昔、蚕を飼われていたとのこと。昔使っていた道具の話など、色々なことを教えてくれました。シルク館にある山内甚之丞さんをテーマにした映像作品(アニメ)も、すごくわかりやすかった!

 

一通り学んだ後は、いよいよお楽しみ。

みんなでまゆ細工を作りました。少し時間がかかってしまったけど、みんな思い思いの作品を上手に作れたのではないかな?

 

本物の絹にも触ってほしくて、着物やはぎれ、絹の弦を張った沖縄の三味線(三線と言います)を自由に触ってもらったり、サプライズで持参した「生きた蚕」にも触ってもらったり。最初は気持ち悪がってのに、最後はニコニコで手の上に乗せてた女の子もいたなぁ。

 

今月のわらすこ探検隊は2回。次は9月30日に化石調査をします!またサプライズもあるかも?お楽しみに!

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
Twitterボタン Clip to Evernote



南三陸町復興推進ネットワーク(373NET)

会員の皆様へ

 一般社団法人南三陸町復興推進ネットワークは、残余財産の帰属を南三陸町とする、復興プロジェクトを運営・サポートする団体です。

 

 震災直後から現地で活動してきた南三陸町出身の若手によって設立されました。

 

 今年度は「若手世代のコミュニティ再生への貢献」「教育を通じた”まちづくり”への貢献」「新規事業の研究・開発」に関する事業を行います。

 

 

 会員の皆様には入会時にパスワードをお送りしております。下記ボタンをクリックし、パスワードを入力すると会員ページをご覧いただけます。

会員ページはこちら

会員ページのご案内

 多くの方に活動の一翼を担っていただけますよう参画をお願い申し上げます。

 会員ページのサンプルはこちらからご覧いただけます。

>>会員ページ

Facebookページ

 更新情報を皆さんのFacebookウオールに発信しています!

 購読いただける方は下記の「いいね!」をお願いします!

【373NET】FBページ

【おらほの酒づくり】FBページ

おらほの酒づくりPJの情報だけ購読されたい方はこちらを「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

【わらすこ探検隊】FBページ

 町内児童向け体験学習の情報だけ購読されたい方はこちらに「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

Twitter 最新のツイート