2017年9月のわらすこ探検隊!②+1回

2017/9/30、10/7

「結集!化石調査隊」【2回開催】 

 

南三陸町は日本有数の化石の産地!

子どもの頃、じいちゃんに教えてもらって化石を掘りに行ってた、とか。通学途中、家の塀や庭石に無数の貝の化石がついてるのを見たことがある、とか。 

実は南三陸町、日本で初めての化石が数多く見つかっている「学術的にも非常に貴重な地域」ということですので、今回のわらすこ探検隊は、東北大学名誉教授の永広先生をはじめ、同大学総合学術博物館の諸先生方をお招きしての開催となりました!

 

そして定員20名に対し、申込40名...

 

化石の人気はすごい。笑

とても1回の開催で対応できるものではなく、当初予定の9月30日、追加日として10月7日の2回開催することとなりました。(2回目は残念ながら雨でした...無理言って2回目の参加をお願いした子たちには気の毒なことをしました。)

 

両日とも「博士(永広先生)による化石・地層のお話」「現地での化石調査」「化石レプリカ作り」

1回目の開催は天候も問題なく、先生によるお話以外は全て屋外で行いました。昼をまたいでの活動だったのに、みんな飽きることもなく、化石探しに夢中だったなぁ。合間にみんなで食べたお弁当の味も、いい思い出の一つになったのではないでしょうか。2回目は前述の通り、雨模様。現地では見学だけにしておいて、歌津公民館にて、化石のお話やレプリカ作りを中心に行いました。実際に化石探しができなかったのは本当に残念でしたが、1回目の活動では触れなかった図書館の化石の展示を先生と一緒に見て回ったり、レプリカも時間をかけて丁寧に作ることができたので、それも貴重な体験になりましたね。

 

実は今回の企画は、南三陸町に生まれ育った化石好きの若者が企画・調整してくれました。事務局ではわからない細かな部分なども、経験豊富なこともあって、本当に助けられました。自分の町のいいところ・好きなところを子どもたちに語れる大人たちが沢山いるのは、わらすこ探検隊を開催していく上で本当に心強いなと思います。

 

次回のわらすこ探検隊は、10月はお休みして、11月。

子どもたちにはすでにチラシが届いていることかと思います。さて、今度は何人申し込みがあるかな? 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
Twitterボタン Clip to Evernote



南三陸町復興推進ネットワーク(373NET)

会員の皆様へ

 一般社団法人南三陸町復興推進ネットワークは、残余財産の帰属を南三陸町とする、復興プロジェクトを運営・サポートする団体です。

 

 震災直後から現地で活動してきた南三陸町出身の若手によって設立されました。

 

 今年度は「若手世代のコミュニティ再生への貢献」「教育を通じた”まちづくり”への貢献」「新規事業の研究・開発」に関する事業を行います。

 

 

 会員の皆様には入会時にパスワードをお送りしております。下記ボタンをクリックし、パスワードを入力すると会員ページをご覧いただけます。

会員ページはこちら

会員ページのご案内

 多くの方に活動の一翼を担っていただけますよう参画をお願い申し上げます。

 会員ページのサンプルはこちらからご覧いただけます。

>>会員ページ

Facebookページ

 更新情報を皆さんのFacebookウオールに発信しています!

 購読いただける方は下記の「いいね!」をお願いします!

【373NET】FBページ

【おらほの酒づくり】FBページ

おらほの酒づくりPJの情報だけ購読されたい方はこちらを「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

【わらすこ探検隊】FBページ

 町内児童向け体験学習の情報だけ購読されたい方はこちらに「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

Twitter 最新のツイート