2017年11月のわらすこ探検隊!②

2017/11/18〜19

「釣りに行こう!」 

 

11月の活動は、大物を狙いに志津川漁港へ。

毎年恒例となりました海釣りですが、今年は例年より遅い時期にシフト。

それもこれも、大物を釣るためです。

かなり寒かったのですが、そこは我慢・忍耐・修行。

 

 というわけで結構なサイズのカレイも上がりました。

(実はこれ、2日目の釣果です。)

 

定員20名のところ、申込が50名。

当初予定していた18日については、志津川小学校区の地区PTA有志の皆様のご協力もありましたので、何とか調整して、抽選なく2日に分けて実施しました。

 

初日は天候も良く、のんびりと釣り日和。

約40名で釣果はハゼを中心に150〜200匹くらいだったでしょうか。(担当者による目視です。)

しかしながら、全く大物が釣れません。それでもハゼはいつもより一回り大きく、なかなか楽しい。ハゼに形は似ているんだけど、縦縞の模様がとても綺麗な「リュウグウハゼ(通称:ラグビー)」も釣れたり、メバルやアイナメ、ウミタナゴに手のひらサイズながらもカレイなど、色々な種類の魚が釣れました。

そして2日目。

申込人数が多いので18日ではなく19日への参加を快諾してくれた8名&ご家族とともに、リベンジ。

 

ただ天候がかなり厳しい!風強い!寒い!笑

 

でも、本当に不思議なもので、この日は少し波が高かったこともあるのか、釣れてくる魚のサイズが全く違います。ハゼも前日よりさらに大きめ。アイナメも好調で25cm前後パラパラ。そして岸壁で竿を出してた女の子に、強烈なアタリ...これまた見事な「最大サイズのウミタナゴ」でした。(あのサイズはなかなか見れません。)

 

そして前の写真の男の子です。

実はこのカレイを釣り上げる前にも同じサイズのカレイがかかったんですが、やりとりしてるうちにライン切れというハプニング。その少し後に、見事、また同じサイズのカレイをかけ、みんなでアシストしながら釣り上げました。嬉しかったな〜。

 

とにかく寒い寒い2日間の活動でした。でも寒い寒いと言ってるのは大人たちだけだったかもしれません。雪がちらつく中、帰りたくない、まだ釣りたいと、いつまでも夢中で竿を出す子どもたちの姿に、やっぱり子どもはたくましいんだなと、あらためて思いました。今回の活動でご協力いただいたたくさんの地域の皆様、保護者の皆様に心から感謝いたします。また是非、どこかでやりましょう! 

Twitterボタン Clip to Evernote



南三陸町復興推進ネットワーク(373NET)

会員の皆様へ

 一般社団法人南三陸町復興推進ネットワークは、残余財産の帰属を南三陸町とする、復興プロジェクトを運営・サポートする団体です。

 

 震災直後から現地で活動してきた南三陸町出身の若手によって設立されました。

 

 今年度は「若手世代のコミュニティ再生への貢献」「教育を通じた”まちづくり”への貢献」「新規事業の研究・開発」に関する事業を行います。

 

 

 会員の皆様には入会時にパスワードをお送りしております。下記ボタンをクリックし、パスワードを入力すると会員ページをご覧いただけます。

会員ページはこちら

会員ページのご案内

 多くの方に活動の一翼を担っていただけますよう参画をお願い申し上げます。

 会員ページのサンプルはこちらからご覧いただけます。

>>会員ページ

Facebookページ

 更新情報を皆さんのFacebookウオールに発信しています!

 購読いただける方は下記の「いいね!」をお願いします!

【373NET】FBページ

【おらほの酒づくり】FBページ

おらほの酒づくりPJの情報だけ購読されたい方はこちらを「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

【わらすこ探検隊】FBページ

 町内児童向け体験学習の情報だけ購読されたい方はこちらに「いいね!」お願いします!

>>活動紹介はこちら

Twitter 最新のツイート