GMOとくとくBB WiMAXはおすすめ?デメリッやメリット評判など契約前に確認しておくべき項目をまとめました

gmoとくとくbb wimax

GMOとくとくBB WiMAXはこれからWiMAXの検討する方であれば、一度は目にしたり、耳にしたことがあるでしょう。

毎月のように「業界最高クラスのキャッシュバック」キャンペーンを行っており、最も安く契約できるプロバイダといっても間違いないでしょう。

しかし「安い」を売りにしているプロバイダは少し不安ではないでしょうか。

そこでこのページではGMOとくとくBB WiMAXの契約時の注意点やメリット・デメリットをまとめました。

GMOとくとくBB WiMAXの契約で注意点とデメリット

契約を急ぎたい方もいるでしょうから、まず最初に契約時の注意点やGMOとくとくBBのデメリットを解説します。

GMOとくとくBBの契約で気をつける点は3つあります。あとから、「そんな話聞いてない!」なんてことにならないように気を付けましょう。

GMOとくとくBBの注意点
  1. 機種ごとにキャッシュバックの金額が違う
  2. オプション加入が必須
  3. キャッシュバックはすぐに受け取れない、11か月後に手続きが必要
  4. キャッシュバックプランよりも月額割引のほうが安いことがある
  5. 再契約はキャッシュバック対象外

この3点です。

機種ごとにキャッシュバックの金額が違う

公式キャンペーンページにいってもらうと分かるのですが、販売されている機種によってキャッシュバックの金額が違います。

2021年02月のキャッシュバック額は以下のようになっています。

機種 キャッシュバック額
wx06 28800円
w06 28800円
home02 32500円
l02 31000円

契約する機種のキャッシュバック額がいくらになるのかは確認しておきましょう。

オプション加入が必須

契約時に必須加入のオプションが2つあります。

「端末保証サービスのGMOとくとくBB安心サポート」と「Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション」です。

強制加入オプション1 端末保証サービス

端末保証サービスは、「安心サポート」か「安心サポートワイド」を選ばないといけません。保証内容をGMOとくとくBB公式サイトから抜粋します。

gmoとくとくbb 安心サポート
安心サポート 安心サポートワイド
保証内容 取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合が補償対象となり、無償での修理となります。 取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合が補償対象となり、無償での修理となります。その他故障・破損・水濡れによって弊社が修理を認めた場合。
保証対象外 お客さまの故意による故障、改造による損害、その他盗難・紛失は対象となりません。外部損傷、水濡れ、全損は対象となりません。 お客さまの故意による故障、改造による損害、その他盗難・紛失は対象となりません。
無料期間 端末発送月とその翌月 初月のみ
月額 300円 2か月目200円 以降500円

安心サポート系は一般的には加入しません。理由は保証の範囲が狭いからです。取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態での故障だと基本的には「自然故障」しかないでしょう。もしくは説明書通りにアップデートしたけど、動かなくなったとか。

wimaxの機種はどれもメーカーの1年保証がついています。1年以内の自然故障はメーカーが無料で対応してくれます。

WiMAXはスマホのように手でもって移動したりすることはありません。ポケットなりカバンにしまっているでしょう。頻繁に設定を変更することもないので、そうそう壊れる物でもありません。

こんな事例も多く一般的には加入しないことが多いです。最悪、中古で機器を買っても安く買えます。

その安心サポートは契約時には必ず加入しないといけません。解約は

安心サポートがご不要の場合は端末発送月の翌月以降にBBnaviよりお手続きください。

端末発送月の翌月中に解約をしないと料金が発生します。不要な方はオプションを解約することを忘れないようにしてください。

強制加入オプション2 Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション

強制加入オプションの2つ目は公衆無線LAN接続オプションです。

Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション

ワイヤアンドワイヤレス社が提供する公衆無線接続サービスで、スターバックスやルノアール。JRの駅や空港などで公衆無線LANが使えるサービスです。

こちらのサービスも微妙です。この手の公衆無線LANサービスは格安SIMでもついていたりします。なんならワイヤアンドワイヤレス社で直接契約できます。

契約時には外せないので興味があれば公衆無線LANを利用してみて、必要なら継続すればいいし、不要なら解約しましょう。

こちらも最大2か月無料です。不要なら2か月以内にBBNaviより解約手続きをしましょう。

キャッシュバックが11ヵ月以降で手続きが面倒

キャッシュバックは何もしないでも振り込まれるわけではありません。

  1. 端末発送付きを含む11か月目に、GMOとくとくBBから付与されるGMOのメールアドレスにキャッシュバック振込口座の案内メールが届く

  2. 口座情報を入力

  3. 翌月末に指定口座に振り込まれる

このような流れになります。手続きを済ませれば確実にキャッシュバックは振り込まれます。

  • 11カ月後に忘れることなく
  • GMOのメールアドレスをチェック
  • メールを確認したら2か月以内に手続き

これが出来ればキャッシュバックは受け取れます。でも忘れたり、メールがどこに届いているか分からなくて気がついたときには期限切れ。そんな方も多くいます。

手間はかかりますが気を付ければ受け取れます。忘れないようにしましょう。

実体験はgmo wimax キャッシュバックにも書かれているので参考にしてもいいでしょう。

キャッシュバックよりも月額割引プランが安いこともある

GMOとくとくBBの料金プランは「キャッシュバックプラン」と「月額割引+少しキャッシュバック」のプランと2種類あります。

普段はキャッシュバックプランのほうが安いのですが、キャンペーンで月額割引のほうが安くなることもあります。知らずにキャッシュバックプランを選んでしまうと、料金も安くないし、リスクも高いプランになってしまいます。

今月契約するならどちらがおススメなのかは、料金プランの解説で説明します。

再契約はキャッシュバックキャンペーンの対象外

GMOとくとくBBと以前に契約がある場合にはキャッシュバックキャンペーンは対象外となります。

GMOとくとくBBはWiMAXだけでなく、光回線やかつてはADSLなどのサービスも販売しています。どのサービスであれ過去にGMOとくとくBBで契約をしたことがある場合にはキャッシュバックキャンペーンは対象外となります。

GMOとくとくBBの評判や口コミ

GMOとくとくBBと契約した人が実際にどのように感じたのか、口コミや評判を集めてみました。

良い評判

このように料金が安いから契約した。という口コミが多いです。値段については高評価が多いです。

悪い評判

キャッシュバックの受け取りづらさや、電話が繋がらないという口コミが多く、サポート体制への不満が多いです。

GMOとくとくBBのメリット とにかく料金が安い

いろいろとデメリットがありましたが、それでもGMOとくとくBBが選ばれる理由は「安い」から。

月額料金などはそれほど値引きが入っているわけではないのですが、キャッシュバックが高額です。まずはGMOとくとくBBの料金プランを見ていきましょう。

GMOトクトクBB WiMAX 3年ギガ放題キャッシュバック料金プラン

キャッシュバック額は機種ごとに違いがありますが、料金プランは同じです。

会社名 GMOとくとくBB
料金プラン キャッシュバック
初月 3609
1-2ヵ月 3509
3-37ヵ月 4263
38ヵ月以降 4263
キャッシュバック 28800
総合計 135495
実質月額 3565
機種 wx06,w06
3

高額なキャッシュバックがあるので実質月額が非常に安くなります。ただ逆に注意をしないといけないのはキャッシュバックプランの場合には月額料金の割引がほとんど無いので、キャッシュバックが受け取れなかった場合には安くない契約になってしまうことです。

GMOトクトクBB WiMAX 3年ギガ放題月額割引き料金プラン

実はGMOとうとくBBはキャッシュバックプランだけでなく、月額割引+キャッシュバックプランもあります。

こちらのプランは月々の支払額を安くして、キャッシュバックが少しだけ貰えるプランです。

キャッシュバックを貰い損ねてもダメージが少ないプランです。

会社名 GMOとくとくBB 月割
料金プラン 月額割引
初月 2590
1-2ヵ月 2590
3-24ヵ月 3344
25ヵ月以降 4263
キャッシュバック 6000
総合計 130757
実質月額 3440
機種 wx06,w06,home02
3

これで今月のプランが出そろいました。では今月契約するならどちらのプランを選ぶべきでしょうか。

今月契約するなら月額割引プラン

今月の料金はなんとキャッシュバックプランよりも月額割引プランのほうが安いです。

たまにこうしたことが起きるのですが、今月契約するなら料金も安くリスクも少ない月額割引プランがおススメです。